2018年2月1日木曜日

1月第4週(1/21~1/27)ダイエットサマリー 高止まり
雪のトレッキングシューズはサイコー
今週のアウトドアツール

超雪☃

2014年豪雪の悪夢再び☃
2018年1月22日(月)の日中から降り始めた雪は、その量が次第に増していき止んだのは深夜0時頃。
写真は15時頃に出かけた時の写真ですが、ここどこの北国?ってぐらい真っ白な雪景色になりました。
相変わらず大混乱になる雪の関東地方ですが、さすがに何度もとなると厳しい意見続出してましたね。

高止まり

一時は減り始めるかと思った体重が減らずに高止まり。
もちろん、なぜこうなっているかは自分が良くわかっています。
キッカケがあればポンと変わるんですけどね。

雪かき筋トレ

今週も、いつもの筋トレメニューで予定通りいつも通り。
雪のためサイクリングができない日が続きましたが、そのかわり待っていたのが大雪にともなう雪かきでした。

基本的に、関東の雪は連日連夜降り積もるわけでは無いので、ちゃんとクルマも人も雪の上を歩く準備ができていれば不要です。
ただ、例外が日陰と歩行者の往来が多い場所。
そのうち、我が家は日陰の部分があって、しかもそこへ隣家の屋根からの落雪もあります。
だから、それをせっせと雪かきして日が当たる自宅敷地に山積みにするのですが、今回はすごい量で私の肩ぐらいの高さまで積み上がりました。
週末になってもかなりの量が残っているのですが、再び雪が降るかもしれないという予報。
負けませんよ😤

雪のトレッキングシューズはサイコー

昨年、ロングウォークちちぶ路参加のために購入した初トレッキングシューズ adidas TERREX SWIFT R MID GTX
雨天時の性能は抜群で、GORE-TEXのおかげで防水透湿にとても優れてました。
それじゃ、滑りやすさが加わる雪の日の道路ではどうなのか?ということで履いて出かけてみました。
トレッキングシューズは滑りやすい土の斜面でもしっかりとらえるよう、靴底に突起のパターンが付けられています。
それのお陰で、雪道でも滑りにくく安心して歩くことができました。
また、保温性も良くて普通のゴム長靴より全然快適。あまりに快適すぎて、雪かきするときも履いて作業してました。
街用の普段履きにはオーバースペックですが、悪天候用に1足持ってるととても便利なシューズです👟

今週のアウトドアツール

注文していた3F UL GEAR 4 Seasons Inner of Lanshan 2が届きました。
昨年6月に届いた3F UL Gear Lanshan 2用のインナーテントです。
配達予定が大雪の降った1月22日(月)で、追跡情報も一向に配達中にならなかったので外出してしまったのですが、帰宅してポストを見たら入ってました。
どうやってポストの鍵を開けたのかが謎ですが🔒

パッケージはとても簡素で、真っ黒なビニールの上に輸出用インボイスと送り先のラベルが貼り付けてあり、それを開けるとプチプチにくるまれていました。
さらにそのエアークッションを開けるとビニール袋のコレが出てきました。
開封時についハサミやカッターナイフを使いたくなるのですが、中の商品を傷つけることがあるので手で丁寧にテープを剥がしていったほうが良いかと思います。

ビニールから出すとメッシュの袋が出てきました。
Lanshan 2の時はフライシートと同じ生地だったので、簡素だなというのが第一印象でした。
ただ、実際に使う時はLanshan 2本体とセットにしてそちらの袋に入れてしまうので、メッシュ袋は保管用かと思います。

チェックのため広げてみました。
生地は、フライシートと同じ20dシルナイロン。ウルトラライトテントではお馴染みで、薄いナイロン生地にシリコンコーティングを施し耐水性軽量性を両立させた生地です。
付属品は、先程のメッシュ袋とこれだけ。Lanshan 2のオプションパーツという扱いのようです。

設営するとこんな感じになります。
実際は、フライシートの内側にひっかけて使うのでこういう形ではないのですが、本体から紐を移設すれば単独でも使用可能です。

元々のインナーテントがメッシュだったので冬キャンプは諦めていたのですが、これで行けそうな気がしています。

今週のダイエットサマリーはこれで終わり。
最近、私のTwitterで仮想通貨・暗号通貨の話題を取り上げているのですが、私が最初に暗号通貨を手にしたのが2014年頃。ちょうどMt.Goxが破綻した年です。
そんな矢先、今度はコインチェックで同様の事件が発生。今回も難を逃れましたが明日は我が身。気をつけたいものです。

今週もお読み頂きありがとうございました。
寒い日が続き病気も流行っているようなので、お体にお気をつけください。
次回もお楽しみに!