2016年8月25日木曜日

キリン 一番搾り埼玉づくり飲んだら血小板成分献血の血液検査結果が届きました

2016年8月22日(月)にやった血小板成分献血の血液検査結果が届きました。
今回も前回同様4日目の2016年8月25日(木)の朝に複数回献血クラブで見られるようになってました。
この情報を元にハガキが印刷されて郵送されると思うので、そっちが届くのは週末かな?

血小板が低い

献血時に指摘されていた血小板の低さが気になっていたので、 画面を見るや真っ先に1番下に注目。
そして、まさかの 20を切る18.7×104/μLでした。確かにこりゃ低い。
原因として考えられる事は2つ。

1つは減量によるもの。血糖の状態を表す グリコアルブミンが総蛋白やアルブミン に対して低くなっているので、相当効いてるなと思います。

そしてもう 1つは、献血前日まで オーバーワーク気味にやっていた筋トレ。一般的には 血小板に筋トレは影響ないとされていますが、それは健康維持程度の運動量の場合。
筋トレは筋肉の破壊と再生の繰り返しなので微量ながらの出血を伴い止血のために血小板が消費されます。また、それが体にストレスとなるため血小板生成にも影響します。
もちろん病気による血小板 減少もありますが、その時は白血球数字も急上昇 します。 今回はそれがないのでそういう結論にしました。

2016年8月2日(火)に発売されたキリン 一番搾り 埼玉づくりを発売日に 買って後生大事に冷蔵庫に入れてあったのを飲みました。
おつまみはakiba:F献血ルーム 納涼献血祭り~夏のご予約イベント2016~(2016年8月22日(月)〜2016年8月26日(金)) でいただいたお菓子セットにしました。

キリン 一番搾り 埼玉づくり、生まれも育ちも埼玉っ子な私が飲んだ感想はとても埼玉らしい
埼玉県は日本で5位の人口を誇る 大都市です。また、人口密度は 4位とこれまた ミッチリ人が住んでいます。
そんな中でも街と自然がバランス良く共存していて、日本最大の関東平野のど真ん中に位置しているだけあってとても生活しやすい土地です。
そんな地名を付けた キリン 一番搾り 埼玉づくり は、飲みやすさとコクがバランス良く共存し、ビールのみで味わってもヨシ、料理と組み合わせて味わうもヨシの、 とても良く出来た ビールです。
久々の晩酌がウマイ!

次回献血予約完了

次回献血予約を複数回献血クラブで申し込み し、翌日 に献血ルームから予約完了の 電子メールが届きました。

今回の結果を踏まえてトレーニングや減量ペースを変えるのは時期尚早な気がしています。
現状維持のまま次回献血をして、その時の血液検査結果で考えてみたいです。