2015年12月5日土曜日

ランニング月間走行距離300km達成!

ランニングをはじめてから1年と1ヶ月目。ちょうど11月7日に満1周年を迎えたばかりです。

そんな2年目突入の初月、特に目標を決めていたわけではないのですが、1つの出来事があったのでブログを書いてみました。


月間走行距離300km達成\(^o^)/

グラフはランニングを始めてから記録してるRuntasticの統計データのグラフです。
こうして見ると、1年間は特に際立って走行距離が伸びた月というのはありませんでした。
途中5月付近から少し増えているのは、それまで隔日で走っていたのを連日走るようになったから。そして、その連日でも隔日10kmまで伸ばしていたものを連日5kmに短縮したため、ランニングしてる日数は単純に倍になっているにも関わらず月間走行距離は倍になっていませんでした。

それが1周年を目前とした10月頃から右肩上がりになりはじめた理由はこんな感じ

1)暑い夏が終わり走りやすい気温の季節になった
2)2016年5月開催予定の第28回春日部大凧マラソン大会でハーフ部門に出る目標をたてた

これが理由で、連日の走る距離をそれまでの5km目安から少しずつ増やしていきました。
そして、11月の300km達成となったわけです。


ところで、ランニングを開始した2014年11月の月間走行距離を調べてみた所42.3kmでした。


また、翌月2014年12月の月間走行距離はもっと低い22.98kmでした。

これの原因については「祝ランニング1周年」のブログ記事をお読み下さい。
重大事があった事、隔日ランニングが習慣化してなかったこと、天候の悪い日は走っていなかった事。それらの結果です。

ところで、さり気なく春日部大凧マラソン大会 ハーフ部門出場なんて目標をシラッと書きました。
2016年5月開催予定の第28回大会はエントリーがまだ始まってなくて、告知はまだ出ていないようですが例年通りなら2016年1月に始まります。
出るからには完走したいし、エントリー前に出来る自信を持ちたくて、300km達成した数日後に20km走りました。
何の準備もなくその日の思いつきと予定が無かったというだけで走ったため、途中給水や休憩もはさんでのランニングでしたが、なんとか走り切ることが出来ました。

このハーフ部門出場は1つの区切りに過ぎず、次なる目標もたててます。それは、


さいたま国際マラソン 一般部門(フルマラソン)出場

写真のリストバンドは2015年11月15日(日)に開催された第1回大会のオフィシャルグッズです。


色々あったのですが、普段ランニングをしていて1年中身に付けるモノで、しかも目標にした大会のロゴ入り。そして第1回大会という記念大会という事で、ちょっと高いなぁと思いながらも購入しました。ロゴは刺繍なので妥当な価格といえば妥当なのかもしれません。

このさいたま国際マラソン、2014年までは横浜国際女子マラソンとして開催されていた大会を引き継ぐ形で開催されました。
また、この大会はさいたまシティマラソンという市民マラソン大会として実施されてきたもので、メイン部門がハーフマラソンでした。それをフルマラソン化したい希望もあり実現した大会でした。
事前報道では、第1回大会はオリンピック選考部門がメインとなる小規模実施とあり、実際にも一般部門はサブ4(フルマラソン4時間以内に完走)の部門と、3km・1.5kmの各部門のみでした。
まだ第2回大会のアナウンスはありませんが、出来ることなら東京マラソンの制限時間7時間と同等の設定にして市民マラソン大会としての門戸の開いた大会にしてほしいと熱望しています。
なお、第1回大会の一般(サブ4)の部の完走率は64.86%(男性73.57%女性56.16%)だったそうです。
さいたまシティマラソンからの引き継ぎ大会であることを考えれば、第1回大会を走りたいというそれまでハーフマラソンを走ってきた選手の想いが強かったのでしょう。また、それまでの大会のハーフ部門の時間制限は2時間40分だったようで、それより厳しい4時間制限ですからサブ4.5・サブ5ランナークラスの人たちが参加していたとすると完走率は妥当な数字なのかもしれません。
さいたま国際マラソンの一般(サブ4)の部のエントリー費用は10,800円と、東京マラソンと同額。

ホノルルマラソンの時間制限なし(実質9時間)とまでは言わないですが、せめて東京マラソンの制限時間7時間と同等、それも厳しいならボストンマラソンの制限時間6時間で開催していただけないか?と思います。
じゃないと、おそらく完走無理なので・・・

ハーフマラソンならなんとか2時間前後で走りきれそうな自信はあります。
しかし、フルマラソンというとまだ走り切った実績がありません。
過去に40km近いコースを走った事がありましたが、なんとか走り切ったのは30km超えた付近まで。それから完全に足が動かなくなり歩いて帰宅するのが精一杯でした。
それが2015年3月25日の話で、当時は隔日10kmで走っていた頃。
あれから8ヶ月経っていて、連日10km越えて走っていますから単純に倍以上走れる計算です。
だから、フルマラソンも走りきれそうな気はしています。

第2回さいたま国際マラソンの実施要項がどうなるのか。そして、サブ4のククリは緩和されるか。
それ以前に私はフルマラソン走れるようになっているのか?

さいたま国際マラソンのエントリー期間が5月下旬から6月下旬。東京マラソンが8月1日からになります。
それまでには、自分の能力を見極めたいですね。


それにしても、元々走る事が趣味でもなんでもなく、減量のためのトレーニングの延長線で始めたランニング。
今でも減量のための食事制限と筋トレは続けていて、そのオマケとして週1の水泳と連日のランニング。
マラソン大会出場はさらにその延長線上にあるオマケのオマケ。

時々、自分がわからなくなります。