2016年9月6日火曜日

HLA適合血小板献血ふたたび

2016年9月5日(月)
前回成分献血から2週間が経って献血可能になりました。
今回もその日に献血してきました。
場所は例によってakiba:F献血ルーム
ここに来ているのは特別な意味があるわけではなくて、 小学生の頃から1人列車に乗って遊びに来ていた ため、勝手知ったる場所 だからです。
ノープランで来ても私なりに楽しめる土地なんですよね、秋葉原って♪

2回目のHLA適合血小板献血

前回に引き続き今回もHLA適合血小板献血 でした。 ある程度は 予想 していたのですが。
事前検査は無事通り、血小板も前回18×104/μLより多い約20×104/μLでした。
そのため、採血サイクルは前回5回より少ない4回に。1回約400mlを採血しながら遠心分離器で分け てそれを戻す。それを4回やります。
所要時間は約1時間でした。通常は1時間30分を 予定しています。

今回も無事献血が終わって絆創膏を貼ってもらって紙包帯グルグル巻き。 約2時間以上はこの状態なので、半袖の今の季節は反対腕の検査採血の絆創膏ともども公衆の面前にさらしながらの行動になります。
こういう姿になる事を知らない人はどこかの病院で治療を受けたか何かだと勘違いすると思います。
しかし、私の経験では注射針刺しても普通はココまで大掛かりに包帯巻いて止血なんてしません。
見かけたら人助けした人なんだなって思ってください。

献血終わればいつもの散歩

9時30分に受付を済ませて10時25分から採血スタート。11時20分に採血終わって あとはロビーで休憩。
携帯電話等の機器類を充電させてもらいつつ、 献血ルームで涼んでいたので出たのが12時30分頃でした。
この日は電気街は行かずに線路沿いを上野に向かって出発。
高架下にあるCHABARA AKI-OKA MARCHE2k540 AKI-OKA ARTISANを散策。どちらも個性的な商品を取り扱っているので宝探し 感覚で良く立ち寄ってます。

上野駅を越えてさらに 歩き、辿り着いたのは浅草。
その目的は、 浅草花月堂 雷門店ジャンボめろんぱん
この日は期間限定 アイスジャンボめろんぱん クッキーソフトにしました。
アイスで クリーミィさが加わるのはもちろん、 アイスに入ってるチョコチップクッキーが程よい ツブツブ食感と ビター感を出してくれます。
ジャンボめろんぱんだけでも十分美味しいのですが、暑い夏限定のアイスジャンボめろんぱんもハマる美味しさですね。

やっぱりそれでも想う 気持ち

次回献血は2016年9月19日(月)以降。このブログを書きながら 再び複数回献血クラブで 某日某時に 予約 申し込みしました。
献血ルームでも予約可能なのですが、 ネット使ったほうが後で予約日時確認出来たり 、スタッフの応対待ちしたりしなくて便利なんですよね。 HLA適合の場合は患者の都合ももしかしたらあるかもですし。
申し込んだ予約 は登録してあるメールアドレスに結果が 届くので、 それを受けて正式に予約完了となります。

akiba:F献血ルームでは、9月防災対策強化 月間にちなんで2016年9月12日(月)〜23日(金)の平日に予約献血した人に防災グッズのプレゼントがあるそうです。

HLA適合 血小板献血という特定患者向け献血の意味を前回 ブログ執筆時に 知り、今までボヤけていた献血で集めた血液を実際に使っている人の存在がより鮮明になりました。
それまでは、まぁ誰かが使ってるし血液検査も出来るので良いかなぐらいの気持ちでした。
それが、HLA適合相手の存在を知った事で、その人の治療に私が必要なんだという認識になり、事の重大性を意識するようになりました。輸血って治療の中でも組織移植に当たるので深刻な症状の場合に限られるから。

もちろん、献血は任意です。 断る事も可能ですし、 献血時の検査に 引っかかれば提供できなくなります。

私が出来る事をしたい。
それがお金に 直接繋がらなく ても、助けたいと想う気持ちがあるから。

減量プログラムは順調に進んでいます。健康状態も今回の献血でもおわかり の通り良好です。
後日届く血液検査結果を踏まえての判断になりますが、次回も献血出来るようにコンディション整えたいですね。