2016年9月18日日曜日

ランニングしたりスリーサイズ測ったり

男のスリーサイズなんて誰得?

最近、普段着が少し大きいと感じていたのですが、ここにきて靴までまた大きく感じるようになりました。
そういえば長らく3サイズなんて測ってなかったし、服を買う時にも知っておかないと困ります。

ランニング

7月10日に走って以来のランニングをしました。2ヶ月ぶりです。
いつも通りの気まぐれで、よりにもよって夕方にシャワー浴びた後での事でした。

前回体重65.7kg 体脂肪率16.6% 骨格筋率34.3%
今回体重58.2kg 体脂肪率10.0% 骨格筋率36.7%

ブランクがある中で果たして以前のように走れるのだろうか?体重と一緒に体力も落ちていないだろうか?
そんな不安に対する確認と、いつも休憩で使っているマクドナルドで何か食べようかな?という思いつきからでした。
結果は、ブランクの分だけ疲労があったものの、タイムの落ち込みもそうひどくなく走り切れました。たった5kmちょっとでしたけど。

そして、普段筋トレで使っているトレーニングチェックのシステムにランニング項目を追加しました。
こちらは筋トレのように2日に1度というルールは無いため、次回予定のチェックは無し。
単にやった日だけマークが出るようにしました。
それが9月17日(土)の後ろについてるマークです。

スリーサイズ

2ヶ月ぶりのランニングの翌朝。まだ疲労感が残る中、日課になってしまっている筋トレをこの日もフルメニューこなしてフィニッシュ。

いつもの朝食を食べ、コーヒーを飲みながらくつろいでいた所、やはり思いつきでスリーサイズを測ってみました。
9月18日(日)朝の結果がコレ

B83-W64-H81
167.3cm 58.0kg BMI20.72
体脂肪率12.4% 骨格筋率35.6%


この3サイズの数字はどうなのかわからないので、試しにネットで検索してみました。
すると、モデルやタレントの方が出てきました。ただ、体重が私より軽かったです。
この数字の差の意味は、体脂肪と筋肉の差。
比重は体脂肪より筋肉のほうが重いことは有名です。
同じボディサイズで体重が重いということはそれだけ筋肉質だと言うことです。

見た目が細くキャシャなので、他人から侮られることが以前に比べて本当に増えました。
しかし、そういう方は筋肉質だと分かるや否や、バツが悪そうだったり、悔しそうだったり。
不義を力で押し通そうとした報いとして当然ですが、中には子連れで手本とならなくてはならない方まで列に割り込もうとしたりする時代。
心荒む寂しい世の風を感じます。とても悲しいです。

服も大きければ靴も大きいし時計も手直し

減量ダイエット開始時の服のサイズは5Lサイズでした。
それから順調にサイズダウンし今はMサイズ。

手首も細くなったため、腕時計の金属ベルトを自分で1コマつめました。

また、普段着MサイズのTシャツがブカブカで、特に首周りのだらし無さが気になって仕方がありません。
2ヶ月ぶりに着たランニング用の服一式がちょうどよく、特に今までピッタリ感のあったSサイズ丸首の速乾Tシャツが今までの普段着感覚。
次買うときのサイズをどうしようか悩んでいます。

そして、意外と聞かない話ですが現実として直面してるのが靴のサイズダウン
足にも体脂肪は付いてるため、痩せるとその分小さくなります。
甲高段広とよく言われる日本人に多いとされる特徴的な足サイズも、減量ダイエットで体重を落とすと普通サイズになってしまいます。
以前ブログで紹介した人生初ナイキシューズのRevolution 3ですら、先日ランニングで足を入れたら大きい感を改めて感じ靴紐を締めて調整したぐらい。
減量ダイエット前に買ったものの合わなくてお蔵入りしていた靴も、減量中に引っ張り出したら履けるようになってたので履きはじめ。しかし、その靴ですら今では大きい感がありすぎて無理して履き続けています。
これからランニングを再開し始めれば靴もそれなりに消耗するので、新しいものを買うときにこれまた悩ましい問題です。

Runtasticアプリにシューズ管理が追加されてた

2ヶ月ぶりのランニングだったのでまったく気が付きませんでした。
ランニング管理で使っているRuntasticアプリにシューズ管理機能が追加されていました。
このシューズ管理機能は、私が知ってる所だとNIKE+ RUN CLUB(元NIKE+ RUNNING)についていた記憶があります。
シューズレビュー記事を書くときに、走行距離管理が厳密に出来て良いなぁと思っていたものの、当時は普段使っているAndroid Wearに未対応だったのと、すでにRuntasticアプリを使っていたため、アプリこそインストールしてあるもののスマホの肥やしになってます。
そんなシューズ管理機能がRuntasticアプリにも付いたわけですから大歓迎ウェルカムです。
使い方はNIKE+と似ていて、使用したシューズをランニング終了時か履歴の編集で選択すればOKです。
ランニングの楽しみがまた1つ増えましたね。