2015年12月17日木曜日

私にとっての2015年は快挙の年になりそう

今年も残す所あと2週間となりました。
そんな12月師走の月も、いつもと変わらずせっせと筋トレ・ランニング・水泳の日々




そんな2015年をここ数日振り返ると、色々な事があった年だなぁと実感します。

さて、1年を振り返る時ってたいていは起きた出来事について振り返ると思います。
あんな事、こんな事、いろいろあったねぇと。
私もそういう振り返り方をしていたのですが、ふと逆の事を考えました。
例年ならあったはずの出来事が今年は無かったというモノを考えてみたんです。
そしたらスゴイ事実に気が付きました。


1年間病院に1度も行ってない


それが当たり前なのかもしれませんが、私にとっては当たり前では無かったりします。

2歳の頃に発覚した小児喘息のおかげで、毎年必ず通院していました。
普通の人なら市販薬を飲んで寝ていれば治る風邪も、喘息患者がかかると発作を併発します。
発作の度合いは患者にもよりますが、私の場合は気道閉塞による呼吸困難となり最悪窒息死。そのため、風邪を引くと必ず病院へ行き処方箋が必要な喘息の症状緩和薬をセットで処方してもらいます。
また、なんでもない日常生活でもアレルゲンや運動・気候変化やストレスでも発作が起こるため、常に緩和薬を持ち歩き、無くなりそうになったら通院して処方してもらうという日々。
ですから、1年間病院に行かないなんて事は今までありませんでした。

前回病院へ行った記憶があるのは2014年2月頃。減量を始めたのが2014年4月下旬からなのでその前の話です。

喘息持ちの方がこのブログをお読みになった時、多分どうやって改善したか?というのを知りたいと思います。
私が思うに、やはり減量した事が大きいように考えています。また、もう1つ可能性として考えているのが内臓脂肪の低下。減量前は皮下脂肪同様にヒドイ数字だったのですが、現在は標準体型の人よりも低いぐらいです。

喘息以外でも病院にかかる可能性は、今後歳を重ねるごとに増すでしょう。
病院に行かずに済む年が1年でも増える事を切に願いつつ、2015年残り2週間を事なきを得て過ごしたいモノです。