2015年6月13日土曜日

やっぱり次もBOOST! adidas adizero Japan boost買いました

本格的にランニングを始めるにあたって購入した


adidas adizero Boston boost

1月30日に購入し2月2日付の記事でご紹介したシューズです。
さて、このシューズを使い始めてから4ヶ月ちょっとが経ちますが、現在どうなっているかというと、


少々汚れていますが、見た目はまだまだ大丈夫そう。しかし、、、


裏側は溝が消えてる所が出てきていて、つま先の黄色い「Continental」の文字も消え始めてます。
この状態で約600kmほど走っています。また、このブログ記事でご紹介した第27回春日部大凧マラソン大会もこのシューズで走りました。

この減り方ならもう少し走れそうですが、余裕があるうちから探し始めれば良いシューズに見つかるかも?
そして見つけました!




adidas adizero Japan boost

今回購入したのは型落ちのシューズ。最新はadidas adizero Japan boost 2です。
違いは?というと、紐を通すフチの部分等の材質が違うだけ。重量はどちらも215g、BOOST含有率90%です。
色とサイズ、そして価格の3拍子が私にドンピシャ。念のため試着した後、即購入しました。
箱はなし。黄色い「BOOST」の文字は拝めませんでした。残念。


アウターソールはBoston boostと異なるデザイン。
黒いポツポツはDSP quickstrikeと呼ばれるモノ。グリップ力を確保しながら軽さとしなやかさを実現したアウターソール。
シューズ職人の名工 三村 仁司氏が手がけるadidas adizero takumiシリーズにも採用されてるモノです。

早速履いて走ってみることにしました♪


Boston boostと同じサイズを購入したのですが、少し大きめに感じました。
履き始めは指の関節部分が靴の記事に挟まれて当たる感じがしていたのですが、しばらく走っていると小慣れてきたのかそれも段々なくなってきました。


Boston boostを履いて初めて走った時と比べるとソールの厚みやクッション感に振り回される感じはありませんでした。
軽さからくる軽快感が良く、走った感じはどことなく以前BOOST@homeでお借りしたtakumi ren boostを思い出しました。
グリップ力もしっかりしていてシッカリ地面を掴んでくれます。



新たに加わったランニングのお供 adidas adizero Japan boost、これからよろしくね♪