2015年5月7日木曜日

Boost@homeでadidas Snova Glide boost 2を借りてみました

あでぃだーーーーーす!!

adidas adizero Boston boostを買って以来、完全に惚れてしまった

adidas BOOSTフォーム

それを体験するプログラムがアディダスジャパン様で行われています。
それが

BOOST@home

開始してすぐに利用させて頂いたのですが、それ以降なかなかお借りできる機会がありませんでした。
そんな中、やっとお借りする事が出来ましたので、今回はそのレビューを書かせていただきたいと思います。

今回お借りしたシューズはコレ!


adidas Snova Glide boost 2

SnovaはSuper novaの略で天文用語で超新星という意味。そして、Glideはすべるように動くという意味です。

このシューズ、前回同様


BOOST@home専用箱
返却時もこの箱を使うので、決して捨ててはいけない大切な箱です。
扱いやすく頑丈にできてます。

それではさっそく試着!


シャキーン!どう?似合う?(笑)

今回お借りしたサイズは26.5cm。
普段私が履いてる靴のサイズは27.0cmなので0.5cm小さいサイズ。
注文時にコレしか無くて悩んだのですが、横幅さえ合えば26.5cmでも履けるので、お試しも兼ねて今回はこのサイズにしてみました。

それではさっそく試着試走に出発!


いつものコンプレッションウェアといつもの百均ソックス、そしていつものお店でコーヒーぐびぐび。

自宅で足を最初に突っ込んでからずーっと感じていた事なのですが、とにかく・・・

普通の街履きシューズの感覚

重量感・フィット感・肉厚感、いずれも市販されてる街履きランニングシューズと遜色ない感じ。そして、ソールの厚み感覚も違和感が無いぐらい普通のシューズ。
だけど、そこはBOOSTフォーム。安いシューズだと真っ先にヘタり始めるミッドソールのクッション性がまったくヘタリません。
だから、走り続けても安心してシューズに足をあずけて走る事ができる1足です。

今回お借りしたadidas Snova Glide boost 2BOOST@homeでも「初級者/完走」向けと位置づけてるだけあって、履き心地が街履きランニングシューズ風なのも違和感なく本物のランニングシューズでランニングライフをはじめられるように仕上げたのではないかな?と感じました。

街履き用に欲しい1足

試走も終わり返却前に記念撮影♪


左が私の愛用シューズadidas adizero Boston boost、右がお借りしたadidas Snova Glide boost 2

そういえば、adidas Snova Glide boost 2ってBOOST@homeでは「adizero」と記載されてるのですが、お借りしたシューズや商品紹介ページにもその記載が無かったのでおそらく誤記かな?と思われます。
adizeroが付くシューズはadidasが販売するランニングシューズの中でもスポーツ要素が強い製品なのかな?っていうのが私の印象なのですが、adidas Snova Glide boost 2は感想でも書いた通り普通のシューズっぽさもあるのであえてadizeroブランドにしていないのかもしれません。

クッション性の高いウォーキングシューズとしてもヨサゲなシューズなので、探されてる方は検討されてみては?